貧乏ミュージシャンは何でも屋になる世の中

いきなりですが、本日新しい動画をYouTubeにアップしました!





えー、まずはご視聴いただきありがとうございます!

ついでにチャンネル登録なんかもしていただけると、泣いて喜びます😂


で、ここで今日のブログタイトルになるんですが、今のミュージシャンって(売れてる人は別笑)ほんとになんでもできないといけない時代なんですよ。


演奏してそれを宣伝してっていうのを、僕なんかは全部自分でやってます。

っていうか9割のジャズミュージシャンは自分でやってます。


で、宣伝と一口ではいってますが、これがやることがすごく多いんですよ。


宣伝の方法なんですが基本はSNS関連ですね。


僕はFacebookTwitterInstagramYouTubeをやってます。(それぞれタップしていただけると、僕のページにリンクできます)


あとはこのサイトも一応宣伝になってますね。ちなみにこのサイトはトップから入ってもらうとわかりやすいのですが、僕の教室の案内がメインになっています。


で、これらの作業をひとつづつ解説していきます。


まずFacebookとtwitterとinstagramはほぼ連携して同じ内容を書いています。

ただ、めちゃくちゃくだらんことはTwitterにしかかいてなかったり、インスタにしか載せていない画像があったりと、少しだけ差別化はあります。

でライブ告知なんかをこれらのSNSを使ってやるんですけど、そのフライヤーは基本自分で作ってます。

幸いにも、昔大阪芸大のデザイン学科にいたのでイラレとフォトショは使えます。

あと絵も多少かけるのでそれらのスキルを駆使してフライヤーを作っています。


で、このブログなんかは僕個人の思いを語ることで自分という人間を知ってもらうという宣伝になっています。


一番時間がかかるのはYOUTUBE


問題はYouTubeですね。


僕のチャンネルではライブ映像とスタジオでの録音映像、それから自分のアドリブをトランスクリプションしたものの3種類を主にアップしています。


ではそれぞれの工程を解説していきましょう。カッコのなかはおおよその作業時間です。


まずはライブ演奏の動画の作り方から。


ライブ中にカメラを設置。(10分)

演奏開始。(2〜3時間)

ライブの中からYouTubeに載せたい曲を抜粋。(演奏を聞き返すので、これも2〜3時間かかります)

動画編集ソフト(最近はもうスマホだけでできるようにしてます)でタイトルつけたり、カメラが複数あるときはシーンを選んだり。(カメラが一台なら1時間ぐらい)


サムネイルを作ってYouTubeにアップ。(1時間)


以上がライブ映像の作り方です。


次に自分のアドリブをトランスクリプションしたものの作り方です。


音源を用意。(iRealとかの音源を使うので10分ぐらいで済みます)

演奏。(撮り直しもあるけど大体30分ぐらい)

採譜。(2時間くらい)

動画の編集(1〜2時間くらい)

サムネイルを作ってアップ(1時間)


となっています。これも比較的つくりやすいです。


最後に、今回最初に貼ったやつみたいな動画の作り方。

GarageBandでアレンジを考えながら自分で演奏する楽器以外の打ち込み(10〜20時間)

自分の演奏箇所の楽譜作成(1〜2時間)

ほぼ一発撮りで演奏(1〜2時間。ちなみにカメラが一台しかないので、ワンフレーズごとにカメラを動かしたりしてます笑)

演奏した音源をGarageBandで編集。(一時間)

映像に使うイラストなどの作成(2〜4時間)

動画作成(10〜20時間)

サムネイルを作ってYOUTUBEにアップ(一時間)


となっていてこれが一番時間がかかります笑

しかもまだ収益化できないチャンネルなので儲けはゼロ笑(とは言え、動画を見てくれた方がライブに来てくれたり、レッスンに来てくれたりするので完全にゼロではないです。本当にそう言った方々には感謝しています。)


ちなみにこの動画だとゲームの操作までしています笑

(サムネイルはご協力していただいたものを使用しています)




仕事じゃねえんだ!真剣に遊べ!


もうね完全に趣味の領域ですよ笑

相当好きじゃないとできないです。

結局ね、ミュージシャンって趣味が仕事になった人が多いですから、仕事での演奏と遊びでの演奏っていうのがあるんですよね。


で、どっちが良いのか、どっちの方がいいクオリティーのものができるかって言われると当然遊びの方がクオリティー高いんです。

結局儲けを考える仕事より、そんなの度外視で全力で遊んだ方がいいものができるんです。

仕事での演奏、例えばブライダルだったりパーティだったりはどっかでセーブしなくちゃいけないんですよ。

もちろん、その範囲の中で全力は尽くすんですけど、音量だとか、曲目だったりとかは場を見て判断しなくちゃいけない。


ただ、自分で組んだライブだったり、こういったYOUTUBEにあげる演奏だったりってのは全力で好きなことができる。枷が何にもないんですよね。

ライブだったら好きな仲間(もちろんこちらの全力に応えてくれる仲間)とやりたい曲をやって遊んだほうが確実にいいものができるんです。


よくライブなんかを見てる人は見ててわかると思うんですけど、いいライブってプレイヤーが一番楽しんでるんですよね笑


ミュージシャンってやる事多くて大変だけど


大変大変と書いてますが、それを圧倒的に上回る楽しさがあります。


これからも僕はしたい事をし続けて、自分も周りも楽しんでいければいいなぁと思っています。


少しでも僕の演奏や動画を楽しんでいただければ、応援していただけるとありがたいです。誰かに僕のことを口コミで伝えてくれるだけでもめちゃくちゃ助かります。